ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


沿革・歴史

 

富士フイルムオプティクス株式会社

1968年3月 富士写真光機(株)(現富士フイルム光学・電子映像事業部)の全額出資により水戸器機(株)を設立
1969年7月 (株)久慈光器創立
1970年5月 盛金光学工場操業開始
1973年10月 鮫川器機(株)創立
1977年4月 鮫川器機(株)の経営を譲受
1979年3月 (株)久慈光器の経営を譲受
1990年4月 水戸富士光機(株)へ社名変更
1991年3月 ”写ルンです”一貫工場が竣工
1993年9月 品質保証システム ISO9002 認証取得
1994年11月 中国に富士能(天津)光学有限公司を設立 資本参加
1998年1月 環境マネジメントシステム ISO14001 認証取得
2000年8月 盛金第二工場操業開始
2001年9月 中国に富士能(深セン)科技有限公司を設立 資本参加
2002年12月 品質マネジメントシステム ISO9001 への認証変更を取得
2004年7月 フジノン内視鏡製造の拠点化により製造ラインを集約
2004年10月 フジノン水戸(株)へ社名変更
2010年7月1日 富士フイルムオプティクス株式会社設立
フジノン水戸(株)とフジノン佐野(株)が合併し、社名を富士フイルムオプティクス(株)とする
2011年7月1日 富士フイルムの光学デバイス事業部(大宮)の生産機能を「会社分割」により富士フイルムオプティクス株式会社へ統合
2014年3月1日 富士フイルムデジタルテクノ株式会社を経営統合
2016年4月1日 富士フイルムテクノプロダクツ株式会社へ内視鏡事業を「会社分割」により機能移管

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る